カードローンで即日4万借りる方法

カードローンで即日4万借りる方法

カードローンで即日4万借りる方法

4万円を借りるための基準年収は12万円

カードローンの内、「総量規制対象」となるものを利用する場合には4万円を借りる為に必要な年収は12万円(4万円の3倍)となります。なぜ4万円を借りる為に年収に制限があるのかと言うと、総量規制とは「年収に対して1/3以上の借入れ(貸付け)を制限する」というものであるためです。以前はこういった規制が無く、審査をパスすることさえ出来れば際限なく借入れをすることが出来ていたのですが、債務過多に陥って債務整理や自己破産などを行う利用者が急増してしまったことで総量規制が施行されました。現状では、総量規制対象となる場合に限っては4万円の借入れをするためには年収が12万円以上あることが必要となっていますが、普通に考えれば働いてさえいれば年収が12万円以下になることは無いでしょう。

学生のアルバイトなどであれば年収12万円以下と言う状況も起こり得る可能性はありますが、社会人ならばそれだけの収入では生活をすること自体が不可能です。最低でも100万円を超える年収が無ければ日常生活もままならない状況であるはずなので、最低年収は12万円であったとしても実際には100〜150万円ほどの年収が無ければ借り入れは難しいと判断できます。仮に年収が達していたとしても、希望すれば誰もが4万円を借りることが出来ると言う訳では無く、申込者の状況を様々な面から評価する「審査」によって結果が決まります。審査基準は各社ごとに相違があり、審査をパスできるところもあれば落とされるところもあります。

人によってはどこを受けても契約できる可能性もありますが、逆にどこを受けても契約出来ない可能性も十分に考えられます。詳しくは次項で触れるとして、「どうすれば4万円を借りることが出来るのか」をしっかりと認識できているのといないのとでは結果が大きく変わる可能性があるので、まずはしっかりと基礎知識を身に着けておきましょう。ただ単に4万円を借りようとしているのであれば手段は沢山あります。必ずしも消費者金融系・銀行に頼らなくとももっと条件が良い方法もありますが、「即日融資」と言う条件が含まれた場合にはほぼどちらかの方法しか選択肢が無くなります。

4万円は大金では無いかもしれませんが、決して安いお金でもありません。個人にそれだけのお金をすぐに貸してもらえる状況は多くない為、やはり貸金業者を頼る選択が最も確実性が高いと言えるでしょう。

 

4万円を借りられる人と借りられない人

さて、希望したら達成できる人とそうでない人の違いはどこにあるのかと言うと、それは主に「収支状況」です。年収が多い人と少ない人では前者の方が可能性が高くなるのが一般的ですが、それと同時に「支出・債務状況」が関係してきます。例えば、年収1000万円で毎月の生活費が500万円、借金が1億円ある状況の人と年収300万円で生活費が10万円、借金は0円の人とでは必ずしも前者の方が高評価になるとは限りません。如何に生活費や債務状況が悪くとも、根本的な年収が多いことが優遇される可能性は低くありませんが、より堅実な生活をしていることを評価する場合には圧倒的に後者が有利になってきます。

こうした細かな判断基準は各社異なっているため、全く同じ状況であっても出る結果には違いがある訳です。しかし、それを理由に「何社にも審査申込みをする」と言うことはご法度です。なぜかと言うと、短期間に複数の審査を申し込む行為は「申し込みブラック」を誘発してしまうからです。申込みブラックとは、「実際には契約をしてはいないにもかかわらず、申込件数が多いと言うだけで融資を断られてしまう状態」の事で、これが起きる最大の原因は短期間の複数申し込みです。審査を申し込みがあると、まずはその人の信用情報がどうなっているのかを個人信用情報機関に照会されます。

ここにはその人の過去の信用取引に関する履歴(一定期間)が登録されていて、加盟している業者であれば基本的な内容を照会することが出来ます。本人でなければ詳細な内容までは把握できませんが、それでも「いつ照会された履歴があるのか、現在の債務状況・返済状況はどうか」と言ったことは簡単に調べることが出来ます。ここで重要なことが「紹介された履歴(申し込み履歴)が分かる」と言う点で、これが短期間に複数回あったり、申し込み履歴はあるのに契約した形跡が無いと言った状況はネガティブな評価を誘発してしまいます。

その結果、正式な審査が行われることなく融資が否決されてしまう状態になってしまうため、そうならない為にも「しっかりと厳選した申し込み先を選ぶ」と言うことが必要になります。実際、4万円であれば契約出来さえすればほぼ達成できる金額です。あまりに神経質になり過ぎるあまり、余計な杞憂を感じてドツボにハマってしまうことがある為、それを避けるうえでも「基本的な審査基準と実例」を参照しておくと良いでしょう。